マックスベースボールスクールについて

たくさんの野球少年が、MAXベースボールスクールで、グングン上達しています!

こんにちは。

MAXベースボールスクール、運営代表の田中と申します。

恐らく、このページをご覧になっているあなたは、
お子さんの野球上達について、お悩みだと思われます。

「頑張っている、わが子の力になりたい…」
「レギュラーが取れるように、何かしてあげられることはないだろうか?」

きっとこのように、思われたこともあるでしょう。

また、

「今のチームの指導に任せておいて大丈夫なのか?」
「子どもの様子を見る限り、部活の指導内容に、どうも満足できない…。」

このように思われたこともあるかもしれませんね。

どちらにせよ、最初にお伝えすべきことは、
私達は、そんなあなたや、あなたのお子さんの味方だということです。

正直に言います。

もし、あなたが、お子さんが在籍されているチームや部活に不満があるならば、
悲しいことですが、あなたの疑いは、当たっているかもしれません。

なぜなら、これは未だ、多くの方が知らないことですが、
多くの指導者が、プロではNGなテクニックを教えている傾向があるからです。

驚かれたかもしれませんが、これは事実です。

例えば、あなたはこんな指導風景を見たことはありませんか?

「ゴロは体で止めろ!」…という、よくある指導の間違いとは?

あなたも、お子さんの練習を見ていて

「ゴロは体で止めろ!」
「両手でしっかりとキャッチしろ!」
「ボールは正面(体のまんなか)で捕るんだ!」

などの指導を見たことがあるかもしれません。

しかし、ご存じでしょうか?

多くの指導者が指導するこれらのテクニックは、プロでは一切使われませんし、
特に、子どもの指導においては逆効果と考えられています。

たとえば、「ゴロは体で止めろ!」という指導は、子どもの動きを悪化させます。

なぜなら、「ゴロを体で止めろ!」という言葉を聞くと、多くの子どもが緊張してしまい、
グローブを、ボールのキャッチし難い位置に構えてしまうからです。

また、両手でボールを取りに行くと、手の動く範囲が狭くなり、
本来ならば捕れるボールも捕れなくなり、送球までに無駄な動きが増えてしまいます。

さらに、正面でボールをキャッチするテクニックについては、
多くの指導者がその意味を間違えて理解されています。

考えてみて下さい。

ボールが飛んでくる度に、体を正面に向けていては、
その分、動作が遅れますし、不自然な体勢になったりもしますよね?

「正面でボールをキャッチする」というテクニックの本来の意味は、
飛んで来たボールに対して、無理やり体の中心を正面にするのではありません。

自然の動きの中で、グローブを打球に向けて、
体の中心線で捕球することが、本来の意味なのです。

さらに、バッティング指導においてはもっと深刻です。

「上から下にボールを叩け!」…という、よくある指導の間違いとは?

少年野球で一般的に教えられるバッティングとは、「ダウンスイング」と呼ばれています。

簡単に言うと、上から下にボールを叩きつけるバッティングです。

たしかに、ダウンスイングには、それなりのメリットがあります。

ゴロが多く打てますので、守備のレベルが低い少年野球では、出塁のチャンスが増えます。

また、下から上に振り上げる「アッパースイング」が矯正され、
フライを打つ可能性も減り、安定したバッティングができるかもしれません。

しかし、あなたはご存じでしょうか?

実は、ダウンスイングは、普通のスイングよりも難しいのです。

分かりやすく言えば、相手の投げるボールを上から叩くことはとても難しいのです。

投手はマウンドの上からボールを投げます。

なので、バッターは自分の目線の上からボールが飛んでくるように見えます。

その上から来た球を、上からバットで叩くという事は、
ボールという1点をバットスィングの1点(バットの芯)でとらえる動きになります。

これは、非常にレベルの高い動作となり、
少年野球の選手たちが簡単にできることではありません。

大人であっても、かなり難しいことです。

しかし、多くの少年チームでは、未だにダウンスイングが指導されています。

あなたのお子さんのチームでは、どうでしょうか?

もし、ダウンスイングばかり指導されているのであれば、
お子さんは、本来の能力を開花できていません。

無理なことを強いられているだけなのです。

このままでは、どれだけ努力しても、レギュラーとして活躍できないかもしれません。

お子さんの頑張りが報われなければ、可哀想ですよね?

しかし、ご安心ください。

MAXベースボールスクールでは、元プロ野球選手のコーチ8名が本物の野球上達法を、お子さんへ指導します!

元プロ野球選手コーチ8名写真

MAXベースボールスクールでは、
既存の間違えた指導法や、裏付けの無い上達法は教えません。

プロでも使われている最新テクニックを、
小さなお子さんでも実践できるよう、わかりやすく指導しております。

そもそも、MAXベースボールが作られた理由は、当校長である、長崎慶一(元大洋)が、
先ほど説明したような、既存の指導法に疑問を感じ始めたことがはじまりです。

長崎コーチは、プロ引退後、少年野球を指導する機会がたくさんありました。

しかし、チームを見に行くたびに、
そこで指導されている内容に、数多くの疑問を持ったと言います。

「これほどまでに、間違えた指導内容が盲信されているとは…」
「このままでは、子ども達が夢を叶えられない…」
「野球強豪国の日本が、海外のチームに追い抜かれてしまうかも…」

このように思われた、長崎コーチは、私を含めて様々な関係者に声をかけ、
元プロ野球選手が本物のテクニックを指導する野球スクールを開校されたのです。

ちなみに、集まった元プロ野球選手のコーチも、
これまでの野球指導のあり方には、疑問に思うことが多々あったといいます。

つまり、元プロ野球選手のコーチ全員が、これまでの野球指導経験を通して、
子ども達には本物の技術を教えるべきだと、考えられていたのです。

そして、その想いが、遂に一つとなりました…

プロの技術を、子どもでもわかるように教えています。
プロの技術を、子どもでもわかるように教えています。
指導中の長崎コーチ
指導中の長崎コーチ

野球の上手い、下手は関係ありません…!

MAXベースボールスクールにやってくる子どもたちの多くが、
レギュラーになれず悩んでいる子ども達です。

私達は、そんな子どもたちを上達させるノウハウと、実績を持っています。

また、子ども達に無理難題を押し付けたり、激しく怒鳴ったり、叱ったりはしません。

あなたもご存じの通り、今の子供達は、昔とは違います。

厳しく指導したり、叱りつけてしまうと、逆効果になってしまうケースが本当に多いものです。

また、子供は大人と違って、難しいことは理解できません。

また、体もまだ発展途上で、バットを振るだけでも精一杯なぐらいですから、
ハードなトレーニングに耐えられるわけがありません。

さらに、ストレスや恐怖に打ち勝つ心も、これから長い時間をかけて育つものです。

だからこそ、少年野球の指導で重要なのは、楽しみながら、上達させることす。

「野球って楽しい!」「もっと色々学びたいし、練習もしたい!」

子ども達がこのように思えるような環境を、私達は用意しています。

また、今の子供は、昔に比べて頭がよく、理解力に富んでいます。

つまり、「打つ」、「投げる」、「捕る」など、各指導において、

「なぜ、このように動かないといけないのか?」
「何のために、この動きを学んでいるのか?」

など、理由を説明するだけでも、子供達は指導内容に納得し、
自らの意思で貪欲に学び、練習し始めます。

もちろん、理由を説明する場合は、子供達でもすぐに分かるようにしなければなりませんが、
私達は、子ども目線で全てのテクニックをお伝えする、指導ノウハウを持っています。

プロのテクニックを、誰も身につけられるよう、わかりやすく指導させていただきます。

今の子ども達にあわせた、指導を心掛けています。
今の子ども達にあわせた、指導を心掛けています。

お子さんが、初心者の低学年であっても問題ありません。

初心者の低学年には、ボールの握り方から丁寧に教えています。

MAXベースボールスクールには、同年代の仲間と良い刺激を与えあい、
コーチといっしょに楽しみながら成長できる環境があります。

つまり、あなたのお子さんが、イキイキと野球を楽しみ、成長できる環境があります。

さらに、MAXベースボールスクールは、少人数制なので
個人指導に近いレッスンが、元プロ野球選手から受けられます。

また、実際に元プロの投げるボールでバッティングをするなどの練習もあるので、
子ども達に、今しかできない素敵な体験をプレゼントできます。

MAXベースボールに通うことで、あなたのお子さんは貴重な体験をしながら、
バッティング、ピッチング、守備、走塁、チームプレーで著しい成長がみられるでしょう。

そして、念願のレギュラーも夢ではなくなります!

プロの技術を、子どもでもわかるように教えています。
個人指導に近い、
丁寧なレッスンが好評です!
指導中の長崎コーチ
何よりも、楽しさが大切です!